HOME >> からくろ段ボールあーと >> 段ボールという素材の特性

段ボールという素材の特性

段ボールで作るアートには、段ボールという素材の特性が生かされたものが多く見られます。

段ボールは、厚めのクラフト紙2枚の間に、波形の紙(中芯とよばれています)を挟む、という構造です。

このため、外の空気を遮断する、という側面もあり、厚みがクッションとなって中のものを守る、という特性もあります。

こうした段ボールの特性、つまり、熱を遮断することもでき、クッション性もあるという特性が、どことなく温かい感じを与えてくれるのかもしれません。

また、波型の紙を中に挟んでいる、という構造のため、曲げ方や断面などにも大きな特徴が現れます。

片方にはうまく曲げられない代わりに一方向にはカーブを描くように微妙な曲面を表現することもできる構造です。

また、断面は層になっていることが見えるため、これを生かして断面を強調して見せることもできるなど、一枚の紙にはとどまらないアートとしての広がりがあります。

このような特性を知ることで、どのようにそれをアートに生かすか、ということも見えやすくなるのではないでしょうか。


からくり段ボールあーとは情報収集にお役立てください。

芸術作品になる段ボールですが、そこのは強化段ボールの存在があったからできました