HOME >> からくろ段ボールあーと >> 段ボールの加工・カット

段ボールの加工・カット

段ボールのアートを作るためには、加工の方法をしっかりと学んでおく必要があります。

アートを作るための加工で大切な工程には、カットがあります。

これは、希望する形に段ボールをカットするという工程です。カットするためにはカッターナイフを使うのが一般的です。

また、ちょうどいい形に切り取るためには、お皿やフタなど、ちょうどいい大きさのものを使うというのも一つの手です。

カットをするときは、一度で切るというよりも、構造を考えて、2回~3回くらいで切る、と考えるといいでしょう。

段ボールには表と裏にライナーがついていて、その中に芯がはさまっているので、一度にきれいに切るのは難しい作業になります。

ですから、一度で切るというよりも、数回にわけて形通りにきれいに切る、と考えるといいでしょう。

片面だけの段ボールというのもありますが、その場合は波面を裏にして切りましょう。

そうすると波面がつぶれず、きれいに切ることができます。


からくり段ボールあーとは情報収集にお役立てください。

芸術作品になる段ボールですが、そこのは強化段ボールの存在があったからできました