HOME >> からくろ段ボールあーと >> 作品・3

作品・3

段ボールのアートの作品を紹介しています。

フルーツをかたどった作品が段ボールであるのをご存じでしょうか。

段ボールは繊細な曲線を表現するのには向いていない、という人もいるでしょう。

それだけに、フルーツなどの繊細な曲線を必要とする作品には、やはり段ボールは向いていないのでは、と思われるのも当然かもしれません。

それをむしろ楽しむように作られているのがフルーツをモチーフにした作品です。

ここには、作品をリアルに作るための工夫が見られます。

というのは、曲線を表現するために、細かい多面体で構成されていることがそばに行ってみるとわかるからです。

細かい多面体を用いると、遠くから見るとまさに球体のように見ることができます。

こういう作りで作られた球体もとても美しいもの。

こういう手法を利用すると、様々な曲線の作品を作ることもできそうです。

ただの球体ではなく、ところどころ球体のような曲線がありながらの作品は、計算された美しさがあるのかもしれません。

微妙にいろいろと違う曲線を作ることで、まさにアートとなっているのではないでしょうか。


からくり段ボールあーとは情報収集にお役立てください。

芸術作品になる段ボールですが、そこのは強化段ボールの存在があったからできました