HOME >> からくろ段ボールあーと >> 段ボールをアートに使う魅力

段ボールをアートに使う魅力

段ボールのアートには様々なものがある、ということがわかりました。

一般的な造形としての美もあり、オブジェなどにも採用されています。

それでは、段ボールをアートに使う魅力とはなんなのでしょうか。

それは、素材の使いやすさにあるのかもしれません。

段ボールは大変軽量で、一定のルールがわかっていれば利用しやすい素材です。

表面は紙ですから、接着もしやすい。そして切ったり貼ったりするのも簡単にできる素材です。

ですから使いやすさという点からいってもアートに使いやすいということができるでしょう。

また、段ボールの表面にはクラフト紙が使われているので、独特の風合いがあります。

ということで、なんともいえない味を作品に与えてくれるということができます。

紙ならではの繊細さもあり、紙が持つ温かみも生まれます。

こうした側面から段ボールをアートに利用する人もいるのです。

軽量ということで大きな作品を作るのも簡単にできるというのもいいのかもしれませんね。


からくり段ボールあーとは情報収集にお役立てください。

芸術作品になる段ボールですが、そこのは強化段ボールの存在があったからできました