HOME >> からくろ段ボールあーと >> 段ボールアートの選手権

段ボールアートの選手権

段ボールのアートでは、選手権のようなものが開かれていることがあります。

たとえば、調べてみると、高校生などが参加する選手権がありました。

段ボールで作品を作り、そのできばえや見栄えを競う、というものです。

グループで参加し、作品を作って展示し、それを投票してもらう、というのが選手権の内容のようです。

こうした選手権では、大きな建物やオブジェ、ロボットのような作品も多いのですが、アート性の高い作品もあるようです。

グループによっては、何度もチャレンジしているというグループもあり、自分たちの技術を磨いてだんだんといい作品を作れるようになっていく、という様子がよくわかります。

このような選手権を開くことで、一般の人にも段ボールのアートをさらに理解してもらうことができるので、アートを広める、という意味でもいいのではないでしょうか。

人の前で実際に作っている過程を見せる、という選手権もあるようです。

こうした工程を見て、興味がわいた、作ってみたい、と思う人も増えるかもしれません。


からくり段ボールあーとは情報収集にお役立てください。

芸術作品になる段ボールですが、そこのは強化段ボールの存在があったからできました