HOME >> からくろ段ボールあーと >> 引っ越しの第一歩

引っ越しの第一歩

引っ越しというのを一生の内に一度も体験したことがないという人はどれ程いるでしょう? 中には仕事の関係で地方を転々としていく内に引っ越し回数が二桁の大台に乗っているという方もいるかと思いますが、恐らく、殆どの人が一生に最低一度は引っ越しを経験するのではないかと思います。

引っ越しは主に三つの方法があります。
一つは自分や家族、知人らと協力して全てを自分達だけでおこなう方法。これは主に引っ越し先の距離がそれほど遠くない場合に有効となってくる方法で、専門業者に頼まない分、費用は抑えることが可能となっています。しかし、業者に頼んだ際にサービスとして貰えるダンボールなどを自分で入手する必要がある他、大型の荷物を運ぶ際の労力、また、自家用車に収まらない場合にはレンタカー代なども計算に入れなければなりません。単身者や比較的手狭な部屋に越す場合には良いかもしれませんね。

二つ目は梱包関係を全て自分達だけでおこない、搬出・搬入を業者に任せるというもの。
これが恐らく一番多いのではないかという方法です。メリットは全てを業者任せにするほどの手間が掛からず、且つ必要最低限の人員でおこなう事が出来る為、予定組みも非常に楽なものになっています。また、業者に申し込んだ段階で当然のように梱包材や保証なども付いてくる為、全て自分達の手でやるよりかは費用がかさむとはいえ、安心感という意味では両者の良い点のみを取り入れた方法といえるでしょう。ただ、難点としては梱包を自分達でおこなわなければならない分、当然その為の時間は削られてしまうというのは憶えておきましょう。

三つ目には梱包から搬入・搬出という引っ越し作業の全てを業者に任せるというもの。
これの良い点はやはり自分の手間が殆どない分、楽だという点だと言えるでしょう。また、デリケートなものの梱包に関しても引っ越しのプロが専用のケースなどに入れて運んでくれる為、間違いはまずありません。もちろん保証などはどこも付いている場合が殆どですので、規模が大きい場合には全任せの方が良いと言えます。ただ、当然費用の方は他の方法と比較してもとても値が張るものとなっています。その為、ある程度資金に余裕がないと、その後のことも考えて手を出さない方が良いかもしれませんね。

このように、三者三様の方法がありますが、自分の引っ越しがどの方法に適しているかどうかを分析することこそ、引っ越しの第一歩と言えるかもしれません。


からくり段ボールあーとは情報収集にお役立てください。

芸術作品になる段ボールですが、そこのは強化段ボールの存在があったからできました