HOME >> からくろ段ボールあーと >> 段ボールでつくるカラフル芸術

段ボールでつくるカラフル芸術

ダンボール箱は四角い立体です。これに着色するだけでもとてもカラフルなものができます。着色がうまくできない場合には、きれいな包装紙を貼り付けるだけでも見栄えがよくなります。小さな段ボールの空き箱に、小さく切った広告チラシを丸めたもので外側を飾り付けていけば置物としてもきれいになります。子供と一緒に作るのも楽しいかもしれません。段ボールの小箱が、鉛筆立てや小物を入れる篭に変身します。
ダンボール箱を着色し、テトリスのように組み合わせるとソファーになります。白黒モノトーンのテトリスソファーもおちついていいものです。自分のカラーセンスを活かし組み合わせてみましょう。段ボールは着色することでもカラフルになりますが、何でも貼り付けてカラフルなものを作ることができます。包装紙を貼り付けてきれいに仕上げるのも良いですが、去年のカレンダーにあるイラストや写真を切り貼りしてみる、押し花を貼り付ける、など、一部分をきれいに配置するだけでもカラフルな置物ができます。小窓をつけて写真立てにすればなおいっそう写真が引き立ちます。
自分で製作した段ボールの小物で、部屋のアクセントを飾ってみるのも良いですが、市販されている段ボールの家具もカラフルなものが増えてきています。部屋の雰囲気に合わせてカラフルな段ボール製品を集めてみましょう。ちょっとしたインテリアでも雰囲気が変わります。部屋の模様替えでも、段ボール製品ならすぐに入れ替えができます。


からくり段ボールあーとは情報収集にお役立てください。

芸術作品になる段ボールですが、そこのは強化段ボールの存在があったからできました