HOME >> からくろ段ボールあーと >> 段ボールの種類

段ボールの種類

段ボールの種類(材質)はいくつかあります。段ボールの基本は、厚い段ボール紙を波形にしたものを両側から平たい段ボール紙で挟んだ構造となっています。その切り口の形状と使われる紙で3種類に分けられます。
俗にフルートと呼ばれる段ボールは、波形の高さによって、厚みを変えたもので、約5mmの厚さのものを「Aフルート」、約3mmの厚さのものを「Bフルート」、約8mmの厚さ のものを「Wフルート」といいます。一般によく使われるのは「Aフルート」です。Wフルートは、AとBを重ねた材質で、重量物などの箱に多く使われます。
ライナーとは、波状の段ボールを挟み込む平面の段ボールのことをいいます。ちなみに波状の段ボールは中芯といいます。Cライナーは古紙が多く混ざった原料を使用し、Kライナーはバージンパルプが多く含まれています。バージンパルプが多く含まれている方が強度があります。
段ボールの材質はこのような組み合わせで決まってきますが、工作をする場合には、用途によって材質を選ぶ必要があります。ところが、一般にスーパーなどでもらってくるのはどんなものか、わかりません。段ボールに入っていたものと、手で触った感触で判断し、加工に適した段ボールを選びましょう。思い野菜や果物が入った段ボールは厚みがあって強度もありますので、骨組みを作るのに適しています。スナック菓子のダンボールは比較的厚いですが、強度が弱いものが多いので、曲げる作業の多い立体系のものを作るのに適しています。


からくり段ボールあーとは情報収集にお役立てください。

芸術作品になる段ボールですが、そこのは強化段ボールの存在があったからできました