HOME >> からくろ段ボールあーと >> 段ボールで作るスピーカー

段ボールで作るスピーカー

段ボールで作るものは動くおもちゃだけではありません。段ボールで密閉した箱ができるわけですから、スピーカーにもなるわけです。段ボールスピーカーの音色は柔らかく落ち着く音が出ます。残念ながらデジタル音声のような正確な音の再現は不得意ですが、アナログ的な音の響きになります。簡単な方法は、段ボールの箱に市販のスピーカーにあった穴をあけ、そこにスピーカーを埋め込むだけです。スピーカーと段ボールの大きさを変えながら自分の思った通りの音を再現させてみてください。
自作でスピーカーをつくるのはちょっと、という人はかわいい段ボールとセットになったキットが販売されています。大手の音響メーカーが販売しているもので、ダンボール箱を筐体に、小型スピーカーがセットになったキットです。小さなスピーカーの筐体ですが、付属のスピーカーにあわせて必要な穴がきれいに開けられていて、難しい部分は何もありません。スピーカーは小型の逆ドームタイプ。振動板部の直径は2.5cmの仕様です。アンプ部は乾電池4本を入れるとすぐに使えるようになっています。
手作りの段ボールスピーカーでは、アンプの用意など考えなくてはならず、専門知識も必要になってきます。大きなスピーカーでは、背面の音漏れも考えて何枚か段ボールを重ねて使う必要もあるようです。その点、キットになった商品あら特段の知識もいらないので、入門としてはやりやすいと思います。ぜひ一度挑戦してみることをおすすめします。


からくり段ボールあーとは情報収集にお役立てください。

芸術作品になる段ボールですが、そこのは強化段ボールの存在があったからできました