HOME >> からくろ段ボールあーと >> 檜山永次のつくる段ボール人形

檜山永次のつくる段ボール人形

日本のダンボールアーティストをもう一人紹介しましょう。パッケージデザインを仕事とする檜山永次さんは、ダンボールでおもちゃを始め、身近なモノからアートまで創り続けて30年。すっかりダンボールおじさんと呼ばれるまでになってしまいました。他の日本の芸術家とはちょっと違ったイメージが彼の作品にはあります。それは洗練された柔らかな線です。イラストから飛び出てきたようなかわいい作品は、彼の仕事と密接な関係があるのでしょう。
ダンボールで手作り教室(子どもから大人まで)を全国で展開しています。彼の作品は、段ボールの特徴をだした素朴な作品というよりは、柔らかな線を出したおしゃれなデザインです、繊細な表現がどうしても苦手と思われがちな段ボールですが、そのことを少しも考えさせない作品ばかりです。彼の作った人形をみていると、思わずホッとしてしまいます。
彼の作品は、大きなものでは子供が中に入って遊べるような大きなものから、小さなマスコットまで多彩です。段ボールアートでの可能性を広く指し示しています。私たちも先入観を持たず、段ボールで自由に表現できることを彼から学べるのではないでしょうか。くるくると段ボールの帯を巻いただけでも想像次第でいろんなものができることを、彼はキットをとおして教えています。
こんな誰でもできる段ボールアート、あなたも挑戦してみてはどうでしょうか。彼のホームページでは工作教室の日程などを紹介しているのでみてみましょう。


からくり段ボールあーとは情報収集にお役立てください。

芸術作品になる段ボールですが、そこのは強化段ボールの存在があったからできました