HOME >> からくろ段ボールあーと >> 水彩絵の具とアクリルガッシュ

水彩絵の具とアクリルガッシュ

皆さんも一度は利用した事があると思われる、絵の具というものですが、それらにも様々な種類がある事はご存知でしょうか。

どんな物にどんな絵を描くのか、それによって使う絵の具というのが変わるという事になります。

ですが一般的に利用されやすい絵の具の大半は、水彩絵の具やアクリルガッシュと呼ばれるものになるでしょう。

ダンボールなどに色をつけるのに、それらの絵の具を利用するという事もあるはずです。

でもその2つには大きな差というのがあると思います。

水彩絵の具というのは水を多く利用して色を付けるものですし、ある程度淡い色合いになってくるものになるはずです。

という事は、ダンボールなどに色をつけるのにはあまり向いていないものだともいえるでしょう。

水に溶けやすくそして水を多く使って色をつけていくという事は、ダンボールが苦手な水を直接筆で塗るようなものです。

色が中々付くこともなく、付いたとしても元のクラフト色に負けてしまう事になると思います。

ですからダンボールに色をつける際には、どちらかと言えばアクリルガッシュの方を上手く利用していくと、色が付けやすいのではないでしょうか。

勿論ダンボールに色をつけるという目的であれば、絵の具ばかりではなく色々なものがありますので、色んな方法に目を向けてみるといいと思います。


からくり段ボールあーとは情報収集にお役立てください。

芸術作品になる段ボールですが、そこのは強化段ボールの存在があったからできました